競艇予想サイトは当たらない?予想サイトの的中率や口コミを比較検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット上に数多ある競艇予想サイト。サイトを見てみると、高額の的中実績や高い還元率など威勢のよいアピールをしているサイトが多いのですが、予想サイトの的中率や口コミなどの情報を見てみると、ポジティブな評価もあれば辛辣な声もあるのがほとんどです。

なぜ、競艇の予想サイトは評価が真っ二つに分かれるのでしょうか?当たるor当たらないを判別することはできるのでしょうか?検証して解説していきます。

競艇予想サイトの評価や口コミをピックアップしてご紹介

まずは、競艇予想サイトにおいてどのような評価や口コミが集まっているのか、今回は5つの予想サイトをピックアップして解説していきましょう。それぞれ共通点もあれば相違点もあります。サイトへの評判の書かれ方にも着目しながら理解していきましょう。

黒船

「黒船」は、「競艇界に黒船来航・・・!!」「初回想定利益30万円以上!」「100%勝ち組宣言!!」など、威勢の良いキーフレーズが並ぶ競艇予想サイトです。

「月間収支100万円~200万円程の金額であれば取ったも同然」「ご登録から約1ヶ月で収支100万円を超える会員様が多数在籍」など、競艇初心者に突き刺さる言葉が多く用いられているサイト構成からは、自分たちの予想に対する大きな自信がうかがえます。

掲載されている的中実績も、「1,082,400円的中!」「1,953,600円的中!「571,200円的中!」など高額的中ばかり。その根拠として、競艇に対して真摯に向き合っているために、100%に近い情報を出すことが可能であることをアピールしています。

予想サイトの実力を評価しているサイトをいくつか覗いてみると、賛否両論の意見が見られます。「この情報会社選んでほんとよかったよ」「本日黒舟にてプラス収支です。158,600円は嬉しいですよね。」「コロガシ成功して100万以上の的中金額をもらう事が出来ました」などのポジティブな声がある一方で、ドメイン取得日が「2015年1月22日」とおよそ3年半以上前であることなどを指摘して「怪しすぎる」と「不安を感じます」という意見を表明しているサイトもあったりします。

SPLASH(スプラッシュ)

「SPLASH」もまた、「初回想定利益20万円~40万円」「万舟券に繋がる無料予想を365日、毎日公開中!」など、勢いのあるフレーズが並ぶ競艇予想サイトです。最初に解説した「黒船」と同じように、的中実績として「1,015,200円」「520,200円」「545,200円」などと羨ましい数字が並べて紹介されています。

「黒船」とやや異なるのは、情報提供者として「競艇関係者、マスコミ関係者、匿名スポンサー、etc…, 情報提供者は明確な経歴を持つ20年以上のベテラン関係者のみ」と具体的な人物像を挙げている点。「特異性の高いコミュニティを駆使して世間一般には出回らないリーク情報を入手することが可能!」とアピールしていますが、確かに競艇関係者やマスコミ関係者からもたらされる情報であれば、その精度は期待できる可能性があるかもしれません。また、直近15年間のレース結果を組み込んだ独自のAI解析ツールもウリとしており、こちらはなんと「回収率500%に設定」したAIプログラムとのこと。

「SPLASH」についても評価サイトをいくつか覗いてみると、これまた「黒船」同様に賛否両論あふれかえっています。「【SPLASH(スプラッシュ)】の運営陣は「万舟」の意味も知らないド素人」といった辛辣な意見もあれば、「舟券代も含めて合計3万はかかりましたが、10万ぐらい的中しましたよ!!1万でこんなに回収率がいい情報なんて他にあります?」といった絶賛の声もあったりします。

RIDE(ライド)

トップページに、かの有名な競艇アニメ「モンキーターン」を彷彿させるアニメ画像が使われているのが印象的な競艇予想サイト「RIDE」。的中実績を見てみると「613,000円」「868,700円」「200,160円」と、先の2つのサイトと比べればやや控えめな数字が並びますが、それでも本当に実現したら飛び上がるような的中実績です。

「RIDE」では的中率の高さの秘密として、「ネットや競艇新聞には書かれていない、現地だからこそ入手できる最新の情報により格段に的中率を上げることが出来ます」とアピールしています。どうやら、日本各地の競艇場にスタッフを常駐させ、リアルタイムで情報を収集している、ということのようです。確かに、競艇においては当日の天候などもレース展開に影響を与えますから、情報の新鮮さも重要な要素となっています。

こちらもまた気になる評価サイトの声をチェックしてみると・・・「ボートレースを侮辱している」「ポンコツサイトの代表格」などのネガティブな声が散見されます。また、「RIDE」のウリのひとつである「30日間無料保証」という仕組みも、実はお金が返ってくるのではなくポイントでの返金となっている、という利用者の声もあります。一方で、「参加回数は少なくまだまだ検証の余地が残っているが、勝率や回収率が高い事に間違いはない。」「非常にユーザー想いな上に情報の品質も高く、かなりオススメできるサイトだ」といったポジティブな声も多く見られます。

競艇ライフ

「競艇ライフ」は、他の競艇予想サイトとは少し異なり「私たちの将来は誰が守ってくれますか?「終身雇用制度の時代は終わりました。」など、競艇をただのギャンブルとしてではなく、生活を支える資金源として活用することを提案するようなテイストのサイトとなっています。そのあたり「競艇ライフ」というサイト名に合わせたものなのでしょう。

また、他のサイトでは「的中実績」としてアピールされているものが、このサイトでは「ご利用のお客様の声」という形で紹介されており、的中金額はもちろんのこと「お恥ずかしい話・・・30代に競馬で借金200万してしまい競艇に切り替え全て返済!」といった体験談までも掲載しているあたり、コンセプトが徹底されたサイトであると感じます。

評価サイトの情報を調べてみると、「絶対に儲かる競艇予想サイトと言っても過言ではない」「的中率は良いですよ!ホンマですー!」「勝ち続ける能力は高いと思います」といった高評価が見られる一方で、「提供者も的中実績も偽物ばかり」「利用は控えたほうが吉だろう。」といった声も見られるので、やはり一概に判断するのは難しそうです。

賞金王

「賞金王」は、「競艇ライフ」とは打って変わって「公営ギャンブルで派手に稼ぐ必勝法を伝授」「今、夜の投資競艇がアツい!!」「【夜のスキマ時間】が稼ぎ時に変わる!」といったように、かなり熱のこもった宣伝文が多用されている競艇予想サイトです。

的中実績も、「62万1500円」「33万8000円」「32万2200円」といった具合に威勢のいい数字が並んでいます。ただし、一方で「抜群の安定収益力のヒミツ」として「実績ある予想師と複数契約」などをアピールしているなど、「安定感」も売りとしてもいるようです。

では「賞金王」への評価を評価サイトによりチェックしてみると、「しっかり考えて予想を出してるなーって印象です。」「賞金王は的中率はそこそこに高い予想サイト」といったように評価をする口コミが見られます。

一方で、「賞金王だけは絶対に許さない!」と、わざわざ1ページまるまるを使って「賞金王」を批判するような評価サイトも存在します。このサイトでは「賞金王は的中結果の表示を誇張している。」とコメントしていますから、やはり当たるor当たらないの判断には慎重を期すべきなのでしょう。

なぜ競艇予想サイトの口コミは賛否両論なのか?

今回ピックアップしたサイトはいずれも、口コミや評判などの情報がかなり賛否両論に分かれていることにお気づきかと思います。これは今回のサイトに限ったことではなく、予想サイト全般的にいえることなのですが、これは予想サイトを評価するサイトの運営目的が「善意で悪質サイトを摘発すること」と「任意の予想サイトの利用へと誘導すること」に分かれるからです。

当然、前者は事実や証拠にのっとり悪質な予想サイトは容赦なく糾弾します。後者は、場合によってはありもしない口コミなどをでっちあげて、ウソの高評価をします。

特に厄介なのは後者です。後者は、第三者による口コミを載せるという形をとったり、あるいはスクリーンショット画面を加工して本当に的中しているように見せかけたりなど、ありとあらゆる手法で競艇ファンをダマそうとしてきます。場合によっては、あえてネガティブな情報もほんの少し交えながらサイトを評価することで、信ぴょう性を出してこようとするサイトもありますから、慎重にならなければいけません

競艇予想サイトの当たるor当たらないの判断は自己責任で!

今回とにかくお伝えしたかったのは、競艇予想サイトの情報について当たるor当たらないの判断をつけるのは非常に難しい、ということです。情報が「当たらない」だけであればまだマシですが、悪質な競艇予想サイトにお金をダマし取られる、なんてことになったら目も当てられません。

ただし、一つだけ自信をもって断言できることがあります。それは、ギャンブルにおいて「絶対に当たる」もしくは「絶対に勝てる」という方法は存在しない、ということです。ですから、こういった言葉で巧みに誘導するようなサイトは信頼がおけないものと判断してよいでしょう。もちろん、競艇予想サイトも「絶対」という言葉には慎重になっており、その分様々な言いまわして競艇ファンを惑わしてきますから、注意が必要です。

競艇予想サイトについて当たるor当たらないを判断し実際に利用するのは、とにかく自己責任で行うもの、と心得ましょう。特に有料で販売されているような情報は慎重に見極めることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加