競艇予想ソフト「ボートスナイパー」の定価100万円は怪しい!スペックを検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト名ボートスナイパー
サイトURLhttp://www.sniper-japan.jp/boatsniperpg/
会社名SNIPER-JAPAN
代表者名小野 信戒
電話番号050-1042-4793
メールアドレスsupport@sniper-japan.jp

競艇の予想を全自動で行えたら楽ですよね!!

そこで「競艇予想ソフト」の利用をお考えの方がいらっしゃるでしょう。

当記事では競艇予想ソフト「ボートスナイパー」を検証しましたので、ぜひご確認ください。

「ボートスナイパー」はスナイパージャパンの提供する競艇予想ソフトの1つ

ボートスナイパー

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」は競艇サイト「スナイパージャパン」の提供する競艇予想ソフトの1つです。

競艇サイト「スナイパージャパン」は2004年1月1日に開設され、代表はグラサンで帽子姿の男性「小野 信戒」が務めています。

1989年に小型バスボートの製造販売の会社を設立して、ボートレンタル業を行っていましたが、東京を離れ奈良県池原ダムに移住後、ネットビジネスに興味を持ち競艇もインターネットビジネスと成り立つことを知り、最初は競艇マニュアルなどを製作の後、競艇予想ソフトの開発にいたったようですね。

その他に「競輪」・「競馬」ソフトの研究・開発も行っています。

スナイパージャパンの提供する予想ソフトは「ボートスナイパー」・「カリスマソフト」・「スタテンの鬼」・「ケイリンスナイパー」・「ケイバスナイパー」・「フリーソフト」の全6種類で「ボートスナイパー」はその内の1つです。

スタテンの鬼は下記の記事で検証していますので合わせてお読みください。

競艇予想ソフト「スタテンの鬼」は時代遅れ!?12の機能と口コミを検証

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」は自動運転を目的としたソフト

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」は自動運絵展を目的として競艇予想サイトで以下の5つの機能により自由度の高い仕様となっています。

・レース選択
・買目設定
・資金配分
・見送設定
・停止設定

また2007年以降の過去の競艇オッズデーターをもとにシミュレーションができるなどの機能もあり、利用者の要望をくみ取り日々アップデートを行っていると紹介されていました。

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」の主な機能は以下の14つとなります。

・競艇公式ウェブサイトへのログイン
・インターネット投票
・投票資金の入金機能
・進入自由・進入固定,本命度,選手名,勝率,選手期別成績,能力値,今節得点率等などの番組一覧表表示機能
・ユーザーの設定条件に従った舟券の自動購入
・特定の競艇場のレースのみを挑戦レース対象とする設定
・該当する開場のレースを自動的に挑戦レースから除外
・ユーザーの指定した買い目に基づいた自動投票
・自動運転の停止
・設定定回収率による買い目切り捨て
・資金配分
・保険買い目
・掛け金の限度額の設定
・ボートスナイパー独自データの利用

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」のサポート

競艇予想ソフトを利用する際に困るのが「使い方がわからない」ことでしょう。

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」は電話やスカイプなどで使い方の設定アドバイスを行っています。

サポートのメールアドレスは「support@sniper-japan.jp」、電話番号は「080-6051-1300」ですが、登録されていない電話番号は着信拒否を行っていますので、まずはメールアドレスで電話サポートの旨を伝えると良いでしょう。

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」は定価割れしている?

ボートスナイパーの予想ソフトには「Club Edition2」・「Professional Edition3」・「Visual Edition2」・「Ultimate Edition2」・「God Edition2」の5種類があり高額なソフト程高性能な仕様となっています。

ボートスナイパー 5種類

現在は150,000円の「Ultimate Edition2」と250,000円「God Edition2」の2種類のソフトのみの提供となっているのです。

最も安価なものでも150,000円と高額ですねー。

しかもフラグシップモデルの「God Edition2」は当初特殊機能と買い目を加えたOEM製品・受注当時1台1,000,000円2台のOEMを受注し、1台が納品不可となり受注分のカバーを行うために250,000円の一般販売価格となったようです。

元々の値段1,000,000円から250,000円と定価の1/4の価格で販売されているわけですが…本当に定価1,000,000円の価値もあるのでしょうか?

定価1,000,000円相当の開発費用をかけていたとしたら定価の6割提供では採算が取れないのでは?

ボートスナイパーは定価割れしており、定価適正価格か不明ですのでご注意ください。

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」の集客ブログには注意

また、ボートスナイパーの評判を調べていると「ボートスナイパー・BOAT・SNIPERで収入を増やして見ませんか?」という2008年に投稿された紹介アメーバブログを見つけました。

ボートスナイパー・BOAT・SNIPERで収入を増やして見ませんか?

ボートスナイパーの個人ブログと思いきやブログを書いている人物は開発者を「小野氏」と表現しまるであくまで第三者である「体」のようですが…

このブログでは定価50万円のソフトをブログ限定で38万円で販売するといった内容でした。

一介のブロガーが正規品の値段を勝手に割引提供できることは考えずらくボートスナイパー本人による集客ブログでしょう。

それにしても定価50万円から38万円までの超大幅割引。

前項でボートスナイパーは適正価格が怪しいと述べましたが、ボートスナイパーは極端な割引商法を行っている可能性が高いですね。

また割引額ですら機能面からみて適正ではない可能性があります。

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」の料金

・Ultimate Edition2
150,000円
・God Edition2
250,000円

競艇予想ソフト「ボートスナイパー」の評価

ボートスナイパーはスナイパージャパンが提供する自動運転を目的とした競艇予想ソフトで主な機能は以下の14つとなります。
・競艇公式ウェブサイトへのログイン
・インターネット投票
・投票資金の入金機能
・進入自由・進入固定,本命度,選手名,勝率,選手期別成績,能力値,今節得点率等などの番組一覧表表示機能
・ユーザーの設定条件に従った舟券の自動購入
・特定の競艇場のレースのみを挑戦レース対象とする設定
・該当する開場のレースを自動的に挑戦レースから除外
・ユーザーの指定した買い目に基づいた自動投票
・自動運転の停止
・設定定回収率による買い目切り捨て
・資金配分
・保険買い目
・掛け金の限度額の設定
・ボートスナイパー独自データの利用

一見多機能に見える予想ソフトですが、最も安価なソフトでも150,000円と高額で、フラグシップモデルに関しては定価1,000,000円のところ1/4の250,000円で提供と極端な割引商法を行っている可能性がり、スペックに対しの価格が適正であるか不透明です。

口コミを調査したところ、実際に利用した方のレビューがなく、本当に稼げるのかどうかも定かではありませんので、利用にはご注意ください。

また月額費用3,000円の「Club Edition2」という入門モデルが提供されていますのでご検討の方は「Club Edition2」から試してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加