競艇は競艇場に行かなくても舟券が買える!「テレボート」について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国には24箇所の競艇場がありますが、身近に競艇場がないと競艇を楽しめない!とは思っていませんか?確かに競艇のレースを生観戦するには競艇場に足を運ばないといけません。ですが、実は「テレボート」という機能を使うことで、舟券をいつでもどこでも好きな場所で購入することができるのです。

今回は、テレボートについて解説するとともに、少し難しいテレボートの会員登録と便利な機能についても丁寧に説明していきます。

「テレボート」って何?基本的な知識を身につけよう

競艇 テレボート

まずは「テレボートって何?」という素朴な疑問を解決すべく、「テレボート」の概要とメリットについてご紹介していきます。

競艇場に行かなくとも舟券が買える!

「テレボート」とは、電話かインターネットを利用して舟券を購入できるサービスのことです。全国には24の競艇場と69の競艇場外発売場とがありますが、実はここまで足を運ばなくとも、インターネットに接続できるパソコンやスマートフォン、携帯電話があれば、それらを利用してどこからでも舟券を購入することができるのです。

舟券の入金と払戻金の振込はネットバンキングで常時取引!

テレボートを利用して舟券を購入したり払戻金を受け取る際には、ネットバンキングを利用します。ネットバンキングでの取引は常時取引なので、急に購入したくなった舟券があればすぐに購入できますし、払戻金も基本的にはその日のうちに振り込まれるので、すぐに出金ができます。特に払戻金の受け取りが銀行ATMによりできる点は、競艇場や競艇場外発売場などで舟券を購入した場合には、競艇場などに設置されている専用の端末を使わないと出金ができないことを考えれば、非常に便利なサービスだといえます。

現在は電話会員登録を受け付けていない!

さきほど、テレボートとは電話かインターネットを利用するサービスだとご説明しましたが、実は現在は電話会員のみ登録を受け付けていません!つまり、現在テレボートの電話投票をできるのは、今現在すでに電話投票会員になっている利用者のみです。今からテレボート会員になろうとする方は、インターネット即時投票会員のみ登録が可能なので、覚えておきましょう。

テレボート会員登録の方法について徹底解説

テレボート 会員登録

先述のとおり、現在テレボートは電話投票会員の新規申し込みを終了しているので、今からなれるのはインターネット即時投票会員のみです。ここでは、インターネット即時投票会員(以下、「テレボート会員」と表記)のなり方について解説していきます。

まずはテレボート公式サイトにアクセス

テレボート会員になるには、まずはテレボート公式サイトにアクセス、「会員登録はこちら」のページがあるのでそれを表示します。

指定銀行の口座を開設する

まず最初に、舟券を購入する際のお金を引き落としたり、払戻金を振り込んでもらうための銀行口座を開設します。
銀行口座はどの銀行でも良いわけではなく、テレボート側が指定する以下の銀行で口座開設する必要があります。

・ジャパンネット銀行
・楽天銀行
・三井住友銀行
・住信SBIネット銀行
・三菱UFJ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・福岡銀行
・広島銀行
・スルガ銀行
・じぶん銀行
・ゆうちょ銀行

もし指定銀行の口座を持っていない場合には「お申込みの流れ」をクリックし、表示されたページから利用したい銀行を選んで口座開設の手続きを行いましょう。
これらの銀行の口座をすでに開設している場合には、利用する銀行の「お申込み」ボタンをクリックして次のページ「利用規約の確認」に進みます。

利用規約を確認する

「利用規約の確認」のページでは、「特別無担保約定」「個人情報保護方針」「利用条件」の3つの項目を確認します。すべて目を通したら「利用規約を確認しました。」にチェックを入れて「同意する」をクリックし、次のページに進みます。

口座確認

テレボート 口座確認

次に「口座確認」のページが表示されます。これはテレボートで利用する銀行口座を開設しているかを確認するページです。表示にしたがってカナ氏名、生年月日、利用銀行、支店番号、口座番号とを入力していき、完了したら「入力口座の確認」をクリックします。すると、入力した情報を確認するページが出てくるので、問題なければ「送信」をクリックしましょう。それ以降は、いったん各銀行のネットバンキング利用手続きに入るので、指示に従って進めてください。

会員登録

会員登録

各銀行でのネットバンキングが済むと、そのまま会員登録のページに移ります。ここでは、氏名、住所、性別、郵送物等の送付先住所、送付物の受取希望、電話番号、メールアドレス、キャンペーン告知メールの受取希望、TELEBOATメールマガジンの受取希望、職業をそれぞれ入力し、最後に暗証番号と投票用パスワードを設定します。

特に暗証番号と投票用パスワードは、ここで入力したものをしっかりとメモをとっておくなどしてください。忘れてしまうとテレボートが利用できなくなる可能性もあるので注意しましょう。入力した情報を確認するページが出てくるので、問題なければ「送信」をクリックしましょう。

会員登録完了!登録完了メールを確認する

会員登録完了の画面が表示されればOKです。さきほど入力したメールアドレスに登録完了メールが送信されているので、ページを閉じる前に必ずそちらを確認してください。

もしメールが届いていない場合には、会員登録完了ページに載っているURLから、メールアドレスの変更と再送の手続きを行いましょう。

ログインして登録結果を確認し各種番号・パスワードをひかえる

ログイン

テレボートより「登録完了メール」が届いていたら、メールに載っているURLをクリックしてください。すると、名前と生年月日を入力するページが表示されます。そこに先ほどと同じように入力すると、「登録結果の確認」ページが表示されます。

ここでは、パソコンから投票を行う際に必要な「加入者番号」「暗証番号」「認証用パスワード」「投票用パスワード」が表示されますから、必ず忘れずにメモをとっておくか、写真をとって記録に残してください。なお、パソコンとスマートフォンとでは、ログイン時に必要となる認証情報が異なります。

パソコンを利用(PCインターネット投票)する場合には、英数字6文字の「認証用パスワード」が、スマートフォンの場合には数字4ケタの「認証番号」がそれぞれ必要となるので、どちらも忘れずにメモしておきましょう。すべて完了したら、これにてテレボート会員登録は無事完了です!

さっそくテレボートにログインしてみよう!

テレボート会員登録が完了したら、さっそくテレボートにログインしてみましょう。なお、ログイン時に利用する認証用パスワード(認証番号)は、先ほど説明したとおりパソコンとスマートフォンとで異なるので気をつけてください。無事にログインできればもう安心です!後は自由に舟券を購入していきましょう!

テレボート会員専用の便利機能を有効活用しよう

テレボート会員専用の便利機能

テレボートを利用することのメリットは、どこでも舟券が購入できて出入金も便利、というものだけではありません。テレボート会員になると、競艇公式サイト「BOAT RACE」で様々な便利機能が利用できます。ここでは特に便利な機能をピックアップしてご紹介します。

マイページ

テレボート会員になると、好きな選手の出走情報やお気に入りの競艇場のレース開催情報、コンピューター予想情報、あるいは前月や今月の収支情報を自分でカスタマイズして見やすくできる「マイページ機能」が利用可能になります。

特に好きな選手の出走情報やお気に入りの競艇場のレース開催情報は、予想を組み立てる上では見やすくしておくと非常に便利です。もちろん収支情報もしっかり確認できるようにしておくと過去の実績を分析するのに役立ちます。

マイ予想

「マイ予想」とは、舟券を購入する際に、どのようなデータを重視するかをお好みで設定することで、それに応じた予想を自動で組み立ててくれる機能です。設定できるデータは「期別勝率」「期別能力指数」「期別2連単率」など全12種類。それぞれ重視度合いを6段階で設定できますから、自分の予想ロジックに応じて細かに予想を組み立ててくれます。

レース結果配信登録

いかに競艇が大好きであっても、競艇のレース結果を確認するのは骨が折れる作業です。そこで使いたいのが「レース結果配信登録」の機能です。レース結果を配信してほしい競艇場をあらかじめ指定しておくと、登録してあるメールアドレスに確定したレース結果を自動で配信してくれます。

投票結果参照

競艇ファンにとって非常にありがたい機能がこの「投票結果参照」機能でしょう。この機能では、自分の投票結果をもとに、その人にとって相性の良いレースのグレードや競艇場、あるいは選手などを分析してくれます。要は、これまでの舟券購入の結果について自動で「こういうレースだと良く的中しているよ!」「この選手への投票は的中率が良いよ!」といったことを分析して教えてくれるのです。
また、投票結果参照では投票結果を日別・月別・年別で集計してくれていますから、自分でも過去の記録を振り返ることができます。

まとめ

今回は、いつでもどこでも舟券を購入できる「テレボート」というサービスについて解説してきました。テレボートの良さは舟券購入の便利さだけではなく、舟券を購入するに当たって便利な会員専用機能を使える点にもあるといえます。
会員登録は少しだけ難しいのですが、今回ご説明した手順と注意点に従えば、難なく登録を進めることができるはず。まだ登録していない!という方は、ぜひとも今回ご紹介した情報を参考にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加