競艇で勝つには二連単予想が一番?オススメする理由と予想方法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競艇に興味がある!せっかくなら舟券を買って予想を楽しんでみたい!という競艇初心者が最初に直面する壁こそが、舟券の種類の多さです。単勝と複勝って何が違うの?3連単ってどういう意味?など、公営ギャンブル特有の用語に戸惑うこともあるでしょう。

さらに、競艇初心者は1着に入るボートを1つだけ予想する「単勝」予想に手を出したいという気持ちがでやすいものですが、実は競艇においてはとある特徴があることにより「単勝」の舟券ばかりでは儲けづらいというカラクリがあります。
そこで今回は競艇初心者に是非オススメしたい舟券「二連単」について、オススメする理由から予想方法までご紹介していきます!

競艇で二連単予想をオススメする3つの理由

競艇 二連単 予想

競艇初心者にとって一番簡単で購入しやすいのは、おそらく「単勝」もしくは「複勝」ではないでしょうか。もちろんこれらの舟券は的中率も高いので初心者にとってはとっつきやすい舟券ですが、実は競艇ならではの弱点もあったりします。ほかの種類の舟券の特徴などと比較しながら、まずは「二連単」での予想についてオススメする理由を解説していきます!

まずこれを知ってほしい!「単勝」と「複勝」の舟券の弱点

二連単で予想することをオススメする理由を説明する前に、初心者にとっては一見すると簡単で分かりやすい「単勝」と「複勝」の舟券の弱点について解説していきましょう。

まず競艇には「インコースが圧倒的有利」という大鉄則があります。そのため、1着となるボートを1艇予想する「単勝」や、1着や2着に入るボートを1艇予想する「複勝」といった舟券には、圧倒的に有利なインコースのボート、特に1号艇に人気が集中します。すると、確かに1号艇は勝率が高いから的中こそしやすいものの、オッズも低くなるので的中しても大した払戻金が得られない!というデメリットが出てくるのです。

「それならば、人気がなくオッズが高いアウトコースに賭ければ良いのでは?」という考え方も出てくるのですが、競艇におけるインコース有利の傾向=アウトコース不利の傾向はかなり偏りが強いために、アウトコースが勝つ確率はかなり小さく、例えば一番外側に入りやすい6号艇なんかはシーズンや競艇場によっては勝率が1%を切ってしまうこともあるくらいなのです。

すなわち、実は単勝や複勝の舟券は「かなり的中しやすいけど払戻金もあまりもらえない」か「払戻金は大きいが的中確率がかなり低くハイリスクハイリターン」かのどちらかの賭け方にならざるを得ない傾向にあるといえるのです。

このような場合、「儲ける」ための予想の組み立て方がかえって難しくなることから、実は利益を出すことを目的とする場合には単勝や複勝の舟券を軸とするのはあまりオススメできません。

二連単は的中率と払戻金のバランスが良い!

競艇で二連単予想をオススメする最大の理由、それは「二連単は的中率と払戻金のバランスが良い」というものです。

まず、単勝の舟券の場合、最も勝率が高いのは1号艇であることがほとんどですが、とはいえ実は1号艇の勝率はおよそ5~6割程度です。確かにボートは6つあることを考えれば高いのですが、これは「2回に1回は外れる」という計算です。一方でオッズは1台前半に留まることが多く、払戻金はあまり期待できませんから、例えば何回か連続で的中しても次の1回では外れたらそれまでの払戻金がパーになってしまうこともあります。つまり、単勝で1号艇に賭けるのは、実は見た目以上にハイリスクローリターンであるということができてしまいます。

一方で二連単の場合は1号艇を軸にもってきても、オッズが2を切ることがほとんどありませんし、組み合わせによっては2ケタ以上のオッズとなることもあります。つまり、二連単は的中率が低すぎない割にオッズが高くなることもあったりして、かなりバランスが良い舟券の種類といえるのです。

ちなみに、二連単の過去最高配当は 2016年5月24日に芦屋競艇場で行われた第1レースでした。このレース、1号艇に最高ランクA1の選手が入ったものの、着順が「6-4-1」となる大波乱が起きてしまいました。結果、二連単「6-4」の配当は579,900円。100円が一瞬にして約58万円に化けるという夢のような出来事でした。

三連単と比べてチョイスするボート数が少ないから初心者向き!

競艇で二連単予想をオススメするもう一つ理由、それは「二連単は的中率と払戻金のバランスが良いチョイスするボート数が少ないから初心者向き」というものです。

あえて説明するまでもないかもしれませんが、二連単よりもオッズが高く高配当が狙いやすい三連単は、上位3位に入るボートを3つ選ばなければいけない舟券です。

チョイスするボートが多い分、レースに出場する6艇のボートそれぞれの力量や状態、あるいは選手間のパワーバランス等をしっかりと見極めて選ばなければいけません。それでも先述のとおり儲けを狙いやすいために競艇ファンには人気の舟券の種類ではあるのですが、やはり競艇初心者にとってはハードルがやや高いといえるでしょう。

一方で、二連単であればチョイスするボート数は2艇のみなので、初心者の方にはどちらかというと予想組み立ての負担が少ないといえます。

また、例えば1着に入りそうなボートは1号艇であると固定する場合で、もし2着に入りそうなボートが絞り込めないときであっても、オッズが比較的高い二連単であれば複数の組み合わせの舟券を購入してもトリガミ(舟券の払戻金額が購入金額を下回る状態)になる可能性が低いですから安心できます。

競艇で二連単予想をする際の3つのポイント

競艇 二連単 予想

それではいよいよ、競艇で二連単予想をする場合の予想方法について解説していきます。
今回オススメする二連単の予想方法のポイントは3つです。それぞれ、しっかり確認してみてください!

やはり競艇の鉄則は大事に!1着は1号艇を軸に組み立てる

二連単の予想方法一つ目のポイントは「1着は1号艇を軸に組み立てる」ということです。先述のとおり、単勝や複勝の弱点は、1着(複勝の場合は1着か2着)に入るボートを1艇しか選べないがために、圧倒的有利な1号艇に人気が集中して実際の的中率の割にオッズが低くなってしまう、という弱点がありました。しかし二連単の場合には圧倒的有利な1号艇を軸に持ってきたとしても、オッズが2を下回ることがほとんどなく、場合によってはオッズ2ケタも期待できますから、そこそこの払戻金を期待できます。

更に、1号艇を軸に固定してしまうことで、実質的には「2着に入りそうなボートを1艇予想する」というタイプの舟券に変わることから、競艇初心者にとって予想のハードルを下げることにもつながります。

1点買いはせず狙い手を広げてリスクヘッジ!

二連単の予想方法、二つ目のポイントは「1点買いはせずに狙い手を広げてリスクヘッジする」ということです。どういうことかもう少し詳しく説明すると、二連単で予想するときには1つの組み合わせの舟券を購入するのではなく、いくつかの組み合わせの舟券を購入しておいて的中確率を上げてリスクヘッジしておく、ということをオススメします。

6艇のボートがレースを行う競艇においては、2連単の組み合わせは30通り存在し、数字の上では1つの組み合わせが的中する確率はわずか3.3%しかありません。仮に、先述のとおり1号艇が勝つことが鉄板であると仮定しても、2着に来る確率のあるボートは5艇ありますから、的中率は1/5、つまり20%しかないことになります。そこで、2着にくるボートの組み合わせを複数購入しておくことで、的中率を上げることができリスクヘッジにつながります。

狙い手を広げるときにはトリガミに気を付ける!

二連単の予想方法、最後の三つ目のポイントは「トリガミには気を付ける」ということです。例えば、1着に1号艇がくるだろうと想定して1号艇を軸とした舟券を購入したいとき。1着1号艇の組み合わせのオッズが以下のようになったとします。

・1-2:オッズ2.6⇐100円分
・1-3:オッズ4.3⇐100円分
・1-4:オッズ5.9⇐100円分
・1-5:オッズ13.4
・1-6:オッズ10.6

先述の予想ポイント二つ目に従い「1-2」「1-3」「1-4」の3つの組み合わせの舟券を100円ずつ、合計300円分購入したとします。すると、「1-2」の組み合わせが的中してしまうと、払戻金が260円となり購入金額を下回ってしまいます。これがトリガミです。
では、このトリガミを避けるためには、どのように購入すれば良いのでしょうか。例えば、以下のような購入方法を見てみてください。

・1-2:オッズ2.6⇐200円分
・1-3:オッズ4.3⇐100円分
・1-4:オッズ5.9⇐100円分
・1-5:オッズ13.4
・1-6:オッズ10.6

1号艇が1着となる確率は高いとみて、1号艇が1着となる2パターンのみ購入金額を倍の200円としておきます。購入金額は200円×1パターン+100円×2パターンで合計400円となりますが、払戻金は「1-2」的中で520円、「1-3」で430円、「1-4」で590円といずれも購入金額を上回ることになり、トリガミをうまく避けられます。あるいは逆に「1-2」の組み合わせを捨てて「1-3」と「1-4」のみで勝負しても、的中率は下がりますが的中時のトリガミは回避できます。このように、リスクヘッジのために予想組み合わせを広げつつも、トリガミを避けられるよう購入金額や組み合わせの数には気を付けることが重要です。

まとめ

今回は競艇初心者に是非オススメしたい舟券「二連単」について、オススメする理由から予想方法までをご紹介してきました。
「単勝」や「複勝」が持つ「的中率の割に稼げない(オッズの割に的中率が低い)」「意外とリスクが大きい」などの弱点を補いつつ、かつ「三連単」ほどには初心者にとってハードルが高くなくバランスが良い舟券。それが「二連単」です。
もちろん、二連単が他の舟券と比べて的中率がかなり高く払戻金もたくさんもらえやすい、というわけではありません。

あくまで的中率とオッズのバランスが他の舟券と比べれば良く、競艇初心者が競艇の醍醐味を味わうにはピッタリな舟券だ、ということを理解をしてもらえれば良いと思います。二連単予想のポイントはインコース、特に1号艇を軸にし、1点買いではなく買い手を広げてリスクヘッジしつつ、かつトリガミには気を付けること!興味がある方は、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加